日々の徒然

HOME > 日々の徒然

総数52件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18


七月二日 半夏生餅
大阪・河内地方や奈良県の方々は、この夏の始まりの季節行事を大切にされています。
「半夏生」と書いて「はんげしょう・はげしょ」と読まれます。
なかなか読めませんよねぇ!
半夏生は、夏至(六月二一日)から十一間の七月二日頃から七夕頃までの五日間をいいます。
田植えは、「夏至の頃、半夏生まで」と言われれるぐらいに農家の方々の作業の目安とされ、それを過ぎると秋の収穫が減るといわれてきました。
関西地方では、タコの足のように大地にしっかり根付き育つようにとタコを食べ、そしてここ河内地方や奈良県などでは収穫した小麦で「半夏生餅」を作って田の神さまに供えて感謝する風習があります。
「半夏生」の名前の由来は、七十二候、二十四節句よりこの頃に半夏生の花が咲く候とする説と、葉の一部が白く変化することから「半化粧」と呼ばれたのがあるそうです。
古では、「カタシロザクロ(片白草)」と言われていました。
おもしろいことに、半夏生の五日間にはいろんな言い伝えがありますね。





デラウェアを使った、夏らしいぷるるん水まんじゅうが出来ました。
どうぞ、お楽しみください。
水まんじゅう 水まんじゅう 水まんじゅう

土用餅

土用餅
涼を求めてσ(^_^;)

滋賀羽二重餅を杵つきでもっちりと仕上げ、あっさりと炊き上げた北海小豆あんで土用波を表した形に整えました。
昔、宮中の公家の間ではカガ芋の葉を煮出しその汁で餅米の粉を練り丸くまるめ味噌 汁に入れ土用入りの日に食するすると暑気あたりしないとされていました。
徳川時代の中期より土用の 入りには餅を小豆あんに包んで食し夏季の悪病災難を退け除くとされています。

七月十九日 土用の入り
七月三十日 土用の丑の日
八月六日 土用の明け

丑の日も土用餅で暑気払い!

総数52件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18

前のページに戻る
ページの先頭へ
お好みの商品を検索
  • 買い物かごの中身を見る
  • 送料・ご注文方法

株式会社 かつら屋 本店
〒584-0013
大阪府富田林市桜井町1-2-37
【電話番号】0721-24-4688
【FAX番号】0721-24-5340
【営業時間】9:00〜19:00
【定休日】年中無休
会社案内 >>
店舗紹介 >>

■本店
大阪府富田林市桜井町1-2-37
【電話番号】0721-24-4688
【FAX番号】0721-24-5340
【営業時間】9:00〜19:00
【定休日】年中無休
【駐車場】6台

■柏原店
大阪府柏原市清州1丁目3-20
【TEL】 072-973-0620
【FAX】 072-973-1073
【営業時間】9:00〜19:00
【定休日】火曜

■道の駅しらとりの郷・羽曳野「タケル館」
大阪府羽曳野市埴生野975-3
【TEL&FAX】 072-957-8180
【営業時間】 9:00〜18:00
【定休日】木曜日

■近鉄プラザ店
大阪府羽曳野市栄町7-1
近鉄プラザ内1階
【TEL&FAX】072-958-1273
【営業時間】9:00〜21:00